好事例集令和元年度版
53/84

5151機器操作盤の表示改善などおしぼりなどの「洗濯」「乾燥」「たたみ」「包装」のさまざまな工程を機械を使って行うが、この機械操作を知的障害のある社員も行っている。作業の質や効率、安全を確保するためには、正確な機械操作が必要なため、操作手順を「見てわかる」ようにする工夫のひとつとして、洗浄機器の操作盤の表示をわかりやすいものに変更している。洗濯脱水機には、さまざまなボタンやスイッチが配置された操作盤があるが、スイッチなどの機能表示(説明)は簡略化された表現やアルファベットで表示され、知的障害のある社員にとっては操作しづらい面もあった有限会社キホク工夫1頻繁に使用するものや重要なスイッチには、分かりやすい説明を印字したラベル(シール)を貼付。工夫2作業の流れに沿った操作手順や留意事項などを簡潔にまとめた「作業標準」的なシート(図)を作成し、操作盤に貼付。

元のページ  ../index.html#53

このブックを見る