好事例集令和元年度版
70/84

68障害特性をふまえた配慮事項いろいろな人から説明や指示を受けると混乱してしまいます。担当者をはっきり固定することが大切です。機械を導入し工程を単純化したり、工程を細分化して作業を可能にした例も多くあります。「それ」「あれ」などの言い方や抽象的な表現は避け、簡潔で具体的な表現が大切です。絵や図を使ったり、注意事項などは黒板に書いたりするのもよいでしょう。やってみせて、次に、本人にやらせて理解を確かめます。一般に文章理解、数字の操作が苦手ですが、1個できあがるたびにカウンターのボタンを1回押すことで数をかぞえなくてもよくする、砂時計やタイマーを使用して正しいタイミングや必要な時間の長さを測るなど、道具の利用や工夫によって解決できることもあります。知的障害心身が疲れやすいので、短時間勤務からはじめ、体力の回復状況を見ながら徐々に延長するとよいでしょう。職場で日常的に関わることができ、信頼関係を築くことのできる担当者を決めておくことも大切です。判断・責任などの精神的プレッシャーに弱い場合には、当初はあいまいな部分を減らし、迷う余地がないようにします。工夫・応用が苦手なことがあるので、作業の流れや手順を決めるとよいでしょう。通院・服薬の遵守に配慮することが必要です。必要に応じて医療機関や支援機関と連携してサポートすることも大切です。精神障害いくつかの対応方法例として、職場において確実に守るべきルールは文章や図示など、メモにして具体的に示す、社内の役職に応じた適切な対人対応については、それぞれの役割を明示し、モデルを示すなどの方法があります。作業の優先順位については、メモ帳や手帳などを利用して、担当作業をリストアップする方法が有効です。わからないときは、優先順位の指示を担当者に求めることに決めておきます。変化に対する不安を軽減するには、作業時間・工程をあらかじめ確定し伝える、残業や納期の変更は早めに指示する、メモを取って復唱させるといった方法があげられます。発達障害重労働や残業などの制限が望まれます。肝機能障害は自覚症状が現れにくく、無理をして状態を悪化させることがあるため、本人の自己管理とともに、周囲の理解と配慮が大切です。内部障害【肝臓機能障害】

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る