R3障害者職業生活相談員資格認定講習テキスト(デジタルブック版)
175/359

173第7節 発達障害者〈注〉平成23年4月より精神障害者保健福祉手帳診断様式が改訂され、発達障害の状態像を記載する項目が設けられています。この改訂により、発達障害の診断がある者は障害者手帳の対象となることが示されています。また、平成30年4月より発達障害を含む精神障害者が雇用義務の対象となり、その確認は精神障害者保健福祉手帳で行うことが示されています。い」「就労支援の効果的な進め方を知りたい」といった場合のヒントとなります。◇ 発達障害者の雇用事例(製造業)~障害者雇用職場改善好事例の入賞事例から~発達障害者の受け入れが初めてであり、どのように指導したらよいか、どのようにコミュニケーションを取ったらよいか不安だった。障害者本人が自分の特徴やセールスポイント、配慮を依頼したいことについてとりまとめた「自己紹介書」を提出してくれたため、それに基づき社内の障害特性理解に役立てた。入社にあたっては、地域障害者職業センターのジョブコーチによる支援を活用した。同時並行で作業をこなすことが苦手であったため、当日の作業を朝礼時に「作業計画書」をもとにわかりやすく指示したり、口頭での質問や相談が苦手だったため、業務日報を導入し作業の理解度や質問の有無を把握したりできるよう工夫した。これらの取組により、作業の手順を習得し、雇用継続につながった。Q&A【問】発達障害者支援法において、発達障害者の定義が示されている(解答と解説はP346に記載しています)第3章 第7節

元のページ  ../index.html#175

このブックを見る