R3障害者職業生活相談員資格認定講習テキスト(デジタルブック版)
246/359

244第6章 障害者雇用に関する各種援助障害者の雇用管理に関する支援等 ◆ 新規雇い入れ、在職者の職場適応やキャリアアップ、休職者の職場復帰等において、個別の雇用管理上の課題に対する支援や職務創出に関する助言、障害者雇用に関する社員研修への協力、グループワーク等を通じて雇用管理上の課題解決の糸口をつかんでいただく「事業主支援ワークショップ」の開催等を実施します。 障害のある有期雇用労働者等を正規雇用労働者等に転換した事業主に対して助成します。キャリアアップ助成金(障害者正社員化コース) ◆都道府県労働局ハローワーク障害者雇用支援人材ネットワーク事業 ◆ 雇用管理に関する専門家(障害者雇用管理サポーター)の推薦・派遣等を行います。高齢・障害・求職者雇用支援機構都道府県支部高齢・障害者業務課等障害のある方が働き続けられるようにする支援について知りたい。〈注〉 ハローワーク等の紹介により障害のある方を雇用する事業主に対し、支払われた賃金の一部に相当する額として助成金が支給されます。⑹ 事業主の方への支援 3ヶ月間の試行雇用を通じて、雇用に対する不安を軽減し、常用雇用への移行を目指します。事業主には障害のある方1人につき1ヶ月4万円(精神障害者を初めて雇用した場合は1人につき8万円)の助成金が支給されます。障害者トライアル雇用 ◆特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)◆ 障害特性に応じた雇用管理、雇用形態の見直しや柔軟な働き方の工夫等の措置を講じる事業主に対して助成します。障害のある方が働き続けられるようにする支援について知りたい。障害者雇用安定助成金(障害者職場定着支援コース) ◆都道府県労働局ハローワーク高齢・障害・求職者雇用支援機構都道府県支部高齢・障害者業務課等〈注〉  令和3年4月1日から、これまで都道府県労働局及びハローワークで支給されていた障害者雇用安定助成金のうち「障害者職場定着支援コース(一部)」及び「障害者職場適応援助コース」は、障害者雇用納付金制度に基づく各種助成金に統合され、それぞれ「障害者介助等助成金」及び「職場適応援助者助成金」として独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が支給しています。第6章 第1節

元のページ  ../index.html#246

このブックを見る