R3障害者職業生活相談員資格認定講習テキスト(デジタルブック版)
40/359

38第2章 障害者の雇用管理上の留意点的に受けてみること。⑶ 障害者雇用に関する優良な中小事業主に対する認定制度(もにす認定制度)の創設中小企業については、法定雇用義務が課せられているにもかかわらず障害者を全く雇用していない企業(障害者雇用ゼロ企業)も多く残されている等の課題もあります。中小企業における障害者雇用を進めていくためには、従来の制度的枠組みだけでなく、個々の中小企業における障害者雇用の進展に対する社会的な関心を喚起し、経営者の障害者雇用に対する理解を深めていくとともに、こうした取組を進めている事業主が、社会的に様々なメリットを受けられるようにしていくことが必要です。このため、障害者の雇用の促進等に関する事業主の取組に関し、その実施状況が優良なものであること等の基準に適合するものである旨の認定を行い、認定された事業主について、その商品等に厚生労働大臣の定める表示(認定マーク)を付すことができる中小事業主に対する認定制度が創設されました。この認定制度を通じて、企業の社会的認知度を高めることができるとともに、地域で認定を受けた事業主が障害者雇用の身近なロールモデルとして認知され、地域全体の障害者雇用の取組が一層推進されることがで期待できます。また、障害者雇用の促進と雇用の安定を図ることで、組織における多様性が促進され、女性や高齢者、外国人など、誰もが活躍できる職場づくりにつながります。⑷ 納付金制度ほかところで、中小企業の中でも、障害者雇用に積極的な企業が一定の割合を占めることから、今後、中小企業における障害者雇用を着実に進めていくためには、法定雇用率を超えて障害者を雇用している中小企業と法定雇用率を達成していない中小企業との間の経済的負担の不均衡を調整していくことが必要です。こうした考え方等を背景として、障害者雇用納付金制度が適用される対象範囲は徐々に拡大され、平成27年4月からは、障害者雇用納付金制度の適用範囲が常用雇用労働者数100人を超える事業主にまで拡大されています。中小企業は地域における障害者雇用の受け皿として、その重要性はますます高まっていくものと期待され、これまで障害者雇用の経験のない中小企業を視野に置きながら、中小企業における障害者雇用の促進を図るための雇用支援策をより一層充実させていくことが求められています。Q&A【問】障害のある社員の職場環境・条件の整備は、例えばスロープや手すりの設置等ハード面の対応が主である(解答と解説はP345に記載しています)第2章 第1節

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る