R3障害者職業生活相談員資格認定講習テキスト(デジタルブック版)
98/359

96第2章 障害者の雇用管理上の留意点前方は開放パーティションの高さ机(高さ70cm)に目の高さ45cm程度の仕切りパネル45cm程度パーティションの高さ机(高さ70cm)に頭上の高さを超える60cm程度の仕切りパネル60cm程度仕切りパネルを机下から床上まで設置する図12 仕切りパネルの高さに関する様々なパターン図13 仕切りパネルの高さに関する様々なパターン完全に仕切ったり扉を付けるのは好まれないことが多い簡易吸音パネル(厚さ12mm程度)オフィス用パーティションデスク後方の棚なども本人の仕事用の物品や私物が入る。簡易吸音パネル(厚さ12mm程度)オフィス用パーティションデスク他の床とは異なった色のカーペット材など異なった材は、本人のエリアと本人の関係する棚の前のみに限定する当該エリアに人の立ち入りがあると、かえって気になることがある⑸ 安心感、落ち着き感を得るための、対象者エリアの明確化(図13)仕事をする(空間的)範囲を明確にすると、その空間に入ると、そこで仕事をする気持ちに切り替えやすくなります。また、「仕事エリア」の明確化によって、ふだんは気になる、周囲の人の動きや音などがある程度低減する人もいます。その一方で、こうした自身の領域の明確化は、他人の侵入に対してより多くの警戒感を抱くこともあります。図13右のように、小さな仕切りをつけ、人が通る可能性のあるエリアをわかりやすくしておくことで、自身の仕事エリアを明示しながらも、侵入されたと感じる度合を少なくできることもあります。第2章 第8節

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る