改善事例 20071001

改善目的

健康管理

改善テーマ

健康管理支援体制の構築

改善内容

健康管理

  1. 高齢者の能力を活用し、生産性の向上をはかり、常に心身ともに健康で活き活き働けることを重要な課題とし、作業の困難性、作業上危険を感じる問題点等の実態調査を行った。調査の結果、腰痛の発生頻度が高いことがわかった。そこで現場作業者全員に腰痛防止ベルトを配布、ベルトの使用法と腰痛防止の研修会を実施した。ベルトの着用率は78%と高く、着用効果も非常に高かった。
  2. プラスチックの成型機は高温であり、取り出された製品は自然冷却させている。このため環境によっては職場の温度が40度以上になる場所も存在する。そのため局所的な冷風機や送風機の設置、職場に飲料水設置やスポーツ・ドリンクの配布を実施し、正しい知識に基づいた対応策を実践させるために研修会を実施した。

産業分類

02 輸送用機械器具製造業

実施企業名(所在地)

カウテックスジャパン株式会社(広島県)

研究実施年度

2007年(平成19年度))

従業員数(研究実施当時の人数)

125人

研究年報