改善事例 20080201

改善目的

能力開発

改善テーマ

高齢者活用を目的とした「やる気・意欲」の研究

改善内容

継続雇用従業員の意欲の向上

 定年後のモチベーション低下防止のため、「やる気」についての問題点を調査し対策した。
 当該企業における「意欲・やる気」とは、“従業員自ら考え、行動できる従業員になること”と定義し、「作業チーム」や「高齢者座談会」により、トップダウンだけでなく従業員主体の企画も計画し、ボトムアップ風土の醸成に取り組んだ。
 中小企業においては、高齢者と若年者、それ以外の全従業員が密接に影響しており、若い従業員である「作業チーム」に「やる気・意欲」を高めることができ、その延長線上として、高齢者の「やる気・意欲」も高めることができた。

産業分類

01 金属製品製造業

実施企業名(所在地)

株式会社恒川工業(愛知県)

研究実施年度

2008年(平成20年度)

従業員数(研究当時の人数)

27人

研究年報