改善事例 20080404

改善目的

職務再設計

改善テーマ

帯生地検反作業及び解反作業の改善

改善内容

職務再設計

原反ビームから原反生地を引き出しながら織りムラやキズ、汚れなどの目視検査を行なってきた。検査後の生地は、帯の長さ程度に屏風状に折りたたみ次工程へ移送する作業であり、比較的軽作業ではあるが集中力と精神力を要求され、繁忙理由に挙げる者が多い職務であった。
このため、生地の引き出しから折りたたみまでを自動で行い、検査者は立ったまま検査ができる(椅子使用にも対応)よう支援機器を開発・導入した。

産業分類

03 繊維工業

実施企業名(所在地)

小杉織物株式会社グループ(福井県)

研究実施年度

2008年(平成20年度)

従業員数(研究実施当時の人数)

79人

研究年報