改善事例 20080406

改善目的

職務再設計

改善テーマ

浴衣帯切断作業の改善

改善内容

職務再設計

これまでの検反作業後の帯生地を指定帯長に裁断する作業においては、作業の正座姿勢や熱溶断時の臭気やガスによる心身の不安が絶えず、作業者の定着性を悪くしていた。
このため、熱溶断から超音波を使用した振動切断に変更すると同時に正座姿勢から椅子を利用した切断装置に改めたことにより、無熱で溶融臭もなく楽な姿勢で作業可能となり、切断精度や切断面も大幅な改善ができた。

産業分類

03 繊維工業

実施企業名(所在地)

小杉織物株式会社グループ(福井県)

研究実施年度

2008年(平成20年度)

従業員数(研究実施当時の人数)

79人

研究年報