改善事例 20120304

改善目的

職務再設計

改善テーマ

成形工程・研磨工程における重筋作業の改善

改善内容

 高齢者活用支援機器の開発

成形工程ではフィルムラッピング及びスピンドルテープをローラに巻き付ける作業を人力で行うため、大きな筋力を要していた。また、研磨工程では、研磨作業を数時間に渡って不自然な姿勢で行うため、腕や腰に大きな負担がかかっていた。そこで、圧力を設定することで均一なテンションでテープを巻き付けられ、旋盤の回転に併せてローラにテープを供給できる「ラッピング作業支援装置」及び砥石を用いた「手仕上げ研磨作業支援装置」を導入したことにより、不自然な姿勢での作業や筋力を必要とする作業が改善された。

産業分類

01 金属製品製造業

実施企業名(所在地)

株式会社滋賀カツラ(滋賀県)

研究実施年度

2012年(平成24年度)

従業員数(研究実施当時の人数)

84人

研究年報