改善事例20130404

改善目的

健康管理

改善テーマ

高年齢ドライバーが運送業務で罹りやすい疾病を予防するための中長期的な健康指導プログラムの導入

改善内容

 高年齢者の健康管理

(株)ボルテックスセイグンでは、従業員の高年齢化が進む中、高年齢ドライバーをどう処遇するかが課題となっていた。危険物も取り扱う当社にとって、健康面で不安の大きい高年齢者を継続的に雇用することは高いリスクを伴う。このリスク軽減に向け、高年齢ドライバーの健康診断結果等から疾病傾向を分析し、他企業の先進事例等を参考にしつつ、疾病を予防するための健康指導プログラムを作成した。当該プログラムでは、遠隔地の営業所で働くドライバーに対し、健康指導を行う際に留意すべき事項を定めた「健康指導手順書」を作成したほか、ドライバーに肥満傾向が見られることを踏まえて、その対策として運動プログラムも導入する等の措置を行った。その結果、別途開発した遠隔健康指導システムと合わせて、個人の健康実態に合わせた遠隔健康指導を実施する体制を実現した。

産業分類

11 運輸業、郵便業

実施企業名(所在地)

(株)ボルテックスセイグン(群馬県)

研究実施年度

2014年(平成26年度)

従業員数(研究実施当時の人数)

431人

研究年報