改善事例 20130412

改善目的

人事・賃金

改善テーマ

高年齢社員を活用していくための有効なジョブマッチングシステムの構築

改善内容

 高年齢者の職域拡大

IT業界では、一般的に高年齢者が少ないことから、これまで高年齢化対策に立ち後れがみられた。(株)オージス総研においても2014年(平成26年)4月1日現在の高年齢者数は少ないものの、今後大幅な増加が予想されることから、その対応に迫られている。同社の業務の大半はソリューションの構築やコンサルティングといった高度、かつハードなものである中、高年齢社員にいかに活躍の場を与えるかが課題となっている。対策の一環として、高年齢者を活用していくためのジョブマッチングシステムに係る調査研究を実施し、基本フレームを構築した。具体的には、社員ごとにこれまで身につけてきた専門知識、経験等を登録した人材データベースを構築する一方、社内の全業務を棚卸しし、その遂行に必要な要件を明確にした上で、双方をマッチングするための仕組みを整備した。

産業分類

12 その他

実施企業名(所在地)

(株)オージス総研(大阪府)

研究実施年度

2014年(平成26年度)

従業員数(研究実施当時の人数)

1,266人

研究年報