生産性向上人材育成支援センターのご案内
2/4

⾼齢・障害・求職者雇⽤⽀援機構は「誰もが職業をとおして社会参加できる共⽣社会」を⽬指し、⾼齢者や障害者、求職者等の⽅々に対する様々な雇⽤⽀援施策を国に代わって実施する厚⽣労働省所管の独⽴⾏政法⼈です。当機構では、全国の公共職業能⼒開発施設(ポリテクセンター・ポリテクカレッジ等)に「⽣産性向上⼈材育成⽀援センター」(⽣産性センター)を設置し、企業の⼈材育成に関する相談⽀援から、課題に合わせた⼈材育成プランの提案、職業訓練の実施まで、企業の⼈材育成を総合的にサポートします。指導員の派遣/施設設備の貸出「研修したいが講師がいない」「研修したいが機械を⽌められない」「研修場所がない」といった企業の要望に応じて、機構の職業訓練指導員(テクノインストラクター)を企業に派遣することや、ポリテクセンター等の施設・設備(実習場や訓練⽤機器等)の貸出しを⾏なっています。設定した⼈材育成プランをもとに、訓練等を実施して、企業の⼈材育成を⽀援します訓練の実施センター担当者が企業を訪問し、⼈材育成に関する課題や⽅策を整理します⼈材育成に関する相談企業の課題に合わせて最適な⼈材育成プランをご提案します⼈材育成プランの提案⼈材開発⽀援助成⾦⽣産性センターが実施する職業訓練を従業員に受講させた事業主の⽅は、⼈材開発⽀援助成⾦を利⽤して、訓練経費や訓練期間中の賃⾦の⼀部等の助成を受けることができます。助成⾦の利⽤に当たっては、訓練対象者と訓練内容の関連が認められること、10時間以上の訓練であることなど⼀定の条件がありますので、詳しくは⽣産性センターにお問い合わせいただくか、厚⽣労働省ホームページをご確認ください。企業の⼈材育成をサポートします︕︕⽣産性向上⼈材育成⽀援センターが在職者訓練(能⼒開発セミナー)▲シミュレーションによる⾼周波回路設計実習▲⽊造軸組加⼯法による建物組⽴の実習▲⾦型設計において考慮すべきトラブル対策実習▲TIG溶接実習設計・開発、加⼯・組⽴、⼯事・施⼯、設備保全など“ものづくり分野”における、「技能・技術の向上」や「新たな製品づくり」といった⽣産現場の課題を解決するための実習を中⼼とした職業訓練です。地域のニーズを踏まえて訓練コースを設定して実施するほか、個別企業等のオーダーに応じて訓練を実施します。(4) 主な訓練分野【機械系】・機械設計・機械加⼯・溶接加⼯など【電気・電⼦系】・電気設備保全・通信設備⼯事・電⼦回路設計など【居住系】・建築設計・製図・建築施⼯・建築設備⼯事など(2) 訓練時間数12時間〜30時間(3) 受講料(1⼈あたり平均)7,000円から30,000円程度※平均13,000円程度,訓練内容や使⽤機材等により変動(1)訓練実施場所全国のポリテクセンター、ポリテクカレッジの実習場などinformation「従業員が⾝に付けるべき能⼒についての整理にも取り組みたい」といった場合には…機構が業種ごとに整備している「職業能⼒の体系」モデルデータを活⽤し、各企業の仕事・作業に必要な知識や技能・技術の⾒える化等をサポートします。(厚⽣労働省HPへ)「ハロートレーニング-急がば学べ-」とは、新たなスキルアップにチャレンジするすべてのみなさんをサポートする公的職業訓練の愛称とキャッチフレーズです。

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る