生産性向上支援訓練活用事例集vol
23/46

株式会社帝国機械製作所利用事業主の声Q:訓練を利用したきっかけについて、教えてくださいA:当社は明治42年に創業し、来年の平成31年には創業110周年を迎える舶用ポンプ製造メーカーです。創業は大阪ですが、平成8年に縁あって松阪の地に工場を構え、生産拠点を松阪に移転し早20年を超えて今日に至っています。そのような中、当社の在庫管理手法は長い歴史の慣例から抜け出せず、非効率ともいえる手法をとっており、担当部署は日々悪戦苦闘していました。そこで、今こそ過去の慣例から脱却すべく、新たに「自動倉庫」の導入を決断しました。新設備を活用する上で、有効かつ有益な「在庫管理システム」を指導いただける方はいないかと模索していたところ、タイミング良くポリテクセンター三重より生産性向上支援訓練の案内があり、利用することを決めました。Q:訓練を利用した感想や、受講した効果をお聞かせくださいA:講師の方に当社の業務を理解していただいた上で、一般的な指導ではなく当社に合った在庫管理に関する指導を行っていただいたので、受講した社員は明日からでも現場で活用できる内容になっていたと思います。今後は、訓練内容を早速日々の業務に取り入れ、過去の慣例から脱却し、新たな生産管理システムに生まれ変わってほしいと願っています。株式会社帝国機械製作所訓練受講者の声Q:訓練を受講した感想をお聞かせくださいA:今回、新たに工場内に「自動倉庫」が導入され、そのタイミングで「在庫管理システム」についてご指導いただけたことは、担当部署として非常に有意義な時間となりました。今までは、過去の慣例を踏襲して非効率的な手法を継続しており、ミスも少なからず発生していました。そのような中、今回、講師の方から外部視点で当社の現行システムを検証いただけたことは新鮮でした。また、その上で専門的視点から具体的な対策をご指導いただき、明日から業務で活用できる内容だと実感しています。当社の自動倉庫も設置が完了し、運用が始まりました。この設備を2倍にも3倍にも有効活用できるよう、訓練内容を元に、新たな生産管理システムを構築していきたいと考えています。事業主活用事例事業主団体活用事例22訓練風景3.利用者の声

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る