生産性向上支援訓練活用事例集vol
29/46

中四国セキスイハイム工業株式会社利用事業主の声Q:訓練を利用したきっかけについて、教えてくださいA:当社の製造部門では継続した改善活動を行っていますが、生産性の改善については近年思うような成果が得られず、大きな課題となっていました。そんな折、ポリテクセンター岡山から生産性向上支援訓練の案内があり、現場のレベルアップを図るため受講を決めました。Q:訓練を利用した感想や、受講した効果をお聞かせくださいA:訓練を受講して、生産現場における問題の発見と改善活動の基本はもとより、実践的なコツや急所まで習得させることができました。一番の成果は、社員一人ひとりの改善に対する意識が目に見えて高まったことで、自主的な改善活動プロジェクトの発足までつなげることができました。Q:今後の抱負をお聞かせくださいA:今後も訓練で学んだ手法を実践で活用していくことで、更なる生産性の改善に全社一丸となって取り組んでいきたいと考えています。中四国セキスイハイム工業株式会社訓練受講者の声Q:訓練を受講した感想をお聞かせくださいA:我が社の活動方針の1つとして、利益創出活動があります。私が所属する製造部では『効率生産の追求』が求められており、チームリーダーを中心に毎月、改善計画と実施報告を行っております。作業者からは、ムリ・ムダの改善案があげられておりますが、考え方や進め方の違いから改善が思うように進まず、結果として生産性が上がらない状態になっていました。今回、訓練を通して生産現場での問題点のとらえ方を学び、改めてリーダー全員で考え、意見交換ができたことで、現場における問題解決の視点や進め方を活用して生産現場を活性化していきたいと思います。取締役岡本さま現場問題点確認風景事業主活用事例事業主団体活用事例283.利用者の声

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る