生産性向上支援訓練活用事例集vol.2
29/30

受講企業概要•有田工業株式会社・所在地:長崎県諫早市・従業員数:140人・事業内容:溶融亜鉛めっき、粉体塗装・溶剤塗装有田工業株式会社利用事業主の声Q:訓練を利用した感想について、お聞かせくださいA:当社は、溶融亜鉛めっきメーカーとして、鉄鋼製品の防錆を通じて、美しく住みよい環境づくりと、社会に貢献することを念願し、日々、技術、品質、サービスの向上に努めています。人材育成等の研修について、自社で年間を通じてOJT,OFF-JTを行っていますが、組合で会員企業を対象とした訓練を企画していただいたので、「管理者のための問題解決力向上」コースに課長クラスの社員を受講させていただきました。組合の訓練の利用は初めての試みでしたのでどのような訓練になるのかと心配も少しあったのですが、参加した従業員からは、わかりやすく現場で実践できる非常に良い訓練だったと感想を聞き、利用して良かったと感じました。訓練を終えて、従業員たちが自身の課題に気づき、管理者としての意識が高まっているので、今後に活かしてくれるものと期待しています。有田工業株式会社訓練受講者の声Q:訓練を利用した感想をお聞かせくださいA:・職場の問題解決について悩んでいたこともあり、今回の訓練はとても良い機会になりました。講師の方には、過程を踏みながらわかりやすく教えていただきました。管理する人間としてとても参考になる部分がたくさんあったので、今後、職場の問題解決に活用していこうと思います。(川瀬さま)・訓練を受講して、講師の方が「管理者の役割は、自分の考えを実現するために人を動かすことである」と言われたのを聞いて心に刺さりました。私の部署は少人数でそれぞれが専門分野を担当していることもあり、お互いを知る機会が少なく、人を動かすという意識が欠けていると実感しました。また、同じ訓練に参加された他社の同年代の皆さんが日頃感じている課題や問題などを聞くことができたのも非常に良い機会だったと思います。(竹川さま)事業主活用事例事業主団体活用事例28長崎県金属工業協同組合利用事業主団体の声Q:訓練を利用したきっかけについて、教えてくださいA:当組合は、諫早貝津工場団地にて、機械・製缶・組立・鋳造・溶融亜鉛めっき業等を営む7社で構成する協同組合です。経営環境の変化に伴い、顧客動向の先行きが不透明である中、顧客の新規開拓のためには、組合員企業の組織力を強化し、各企業が相互に連携して拡販営業を行うことが必要であると感じていたところ、ポリテクセンター長崎から生産性向上支援訓練の紹介を受け、当組合のニーズに大変マッチしていると感じ、組織力の強化と営業力強化のコースを利用することを決めました。Q:訓練を利用した感想と、今後の抱負をお聞かせくださいA:営業力強化のコースにおいては、新規顧客の開拓手法やニーズを先取りしたサービスの提供方法を学び、新たな顧客獲得につながる知識等を身につけることができました。また、組織力強化のコースでは、目標達成のための管理者の役割等を学ぶことができ、組織全体を見る目を養えたのではないかと思います。受講者の方々には、組織の中枢としてさらなる飛躍を期待しています。今後も組合員企業の生産性向上のため、ポリテクセンター長崎と連携しながら、教育・研修事業を継続していきたいと考えています。2.利用者の声事務局長田中さま代表取締役社長有田さま川瀬さま竹川さま

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る