生産性向上支援訓練活用事例集vol
29/40

三和レジン工業株式会社利用事業主の声Q:訓練を利用したきっかけについて、教えてくださいA:当社は、発泡プラスチックの熱ラミネート・カット・製袋・スリット・抜き等の加工技術を駆使し、製品の包装材料・緩衝材の加工および販売を行っています。製品の物流・輸送時のあらゆる製品保護・梱包にベストなご提案を行い、「日本一速く対応できる包装資材屋」をモットーとしています。訓練を利用したきっかけは、公私ともに社員が楽しめる環境づくりを構築したいと考えている中で、日々の業務に追われがちな従業員が多い現状であることに悩んでおりました。そこで「コミュニケーションのスムーズ化」、「目標の明確化と仕事を逆算できる人材の育成」、「一人一人の技術とノウハウの共有化を図り、会社が一体化し仕事を達成する」を目的に、複数の生産性向上支援訓練を利用させていただきました。「提案型営業実践」に関しては、営業事務員が営業の一部を担ってることをもっと意識して、業務に取り組んでほしいと考えて利用を決めました。Q:訓練を利用した感想と、今後の抱負をお聞かせくださいA:訓練前は、営業担当者と営業事務員の仕事が分断されがちでしたが、訓練後は営業事務も営業の一部であるという意識が芽生え、営業担当者のフォローをする環境が出来た様に見えます。また、お互いがコミュニケーションをとる環境が依然より整ったことにより、スムーズな業務運営ができる様になっています。これからも、生産性向上支援訓練を活用して「従業員の仕事もプライベートも充実させられる会社づくり」を続けていきたいと思っています。三和レジン工業株式会社訓練受講者の声Q:訓練を受講した感想をお聞かせくださいA:訓練を受講し、明確に変わったと思える点は、社員の仕事に取り組む姿勢が変わり、自分で考えて動ける人間になったことだと思います。「営業」の流れを教えていただくことで、顧客との細かいやりとりを行う営業事務員も実は営業の一部を担っていると理解できました。また、仕事の流れが見えたことで、正確に事務作業を達成するという意識に加えて、もっと商品を販売したいと思っている営業担当者のフォローができないかと考えるようになりました。演習を実施した効果として、まとまりがより強くなり、業務にも流れが生まれ、以前よりスムーズに仕事が完結できるようになった部分も成果だと思います。今回、訓練を担当してくれた講師の方の話がとても分かりやすく、素直に吸収できました。それは受講した従業員の多くが感じているようで、話題にも上がりました。生産性向上支援訓練には、まだたくさんのコースがあるようなので、計画的に訓練が実施されると会社がさらに盛り上がるのではないかと考えています。今後もぜひ訓練を実施してほしいと思っています。事業主活用事例事業主団体活用事例2.利用者の声代表取締役昆田さま業務課長舞弓さま28

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る