生産性向上支援訓練(ミドルシニアコース)活用事例集
5/14

鐵建株式会社利用事業主の声Q:訓練を利用したきっかけについて、教えてくださいA:弊社では、社員教育は人材育成を意識して行っており、特に若手社員に対しては「入社前研修~新入社員研修、配属後の振り返り研修」を実施しています。今回、訓練対象となった中堅・ベテラン層のメンバーはこのような研修が確立される前に入社した人が多く、技術者としての知識や能力は豊富ですが、管理者として部下を指導、統率することに関しては積極的とは言えない状態でした。そこで技術の継承と併せて「人に伝え育てる意識」を持ってもらいたいと、ミドルシニア向けの訓練を受講してもらいました。Q:訓練を利用した成果について、お聞かせくださいA:今回の受講の成果は、訓練を通して各部署のリーダーがコミュニケーションの場を持てたことで部署間の問題を共有できたことです。その上で、部下を指導し育成することは、自分の成長につながり、さらに会社という組織全体の成長につながるということを再認識することができました。そして何より、訓練を受講したことで、目標に向けて組織改善を行おうというモチベーションが向上し、意識改革につながったと感じています。鐵建株式会社訓練受講者の声Q:訓練を利用した感想と、今後の抱負をお聞かせくださいA:訓練受講前は、後輩への指導の仕方・伝え方が課題でした。今回の訓練では「人に教えること・指導すること」と「指示を出すこと」の違いを教わりました。演習での『マネージャー・ゲーム』(※)は衝撃的で、自分で伝えていたつもりが伝わっておらず、人に伝えることの難しさを改めて痛感しました。また、研修で教わった「相手を認めることの大事さ」も身に染みてわかったので、これからの後輩の指導に是非とも活かしていきたいと思います。(※)マネージャー・ゲーム42.利用者の声ミドルシニアコース活用事例総務部次長山下さま受講者総務部課長西山さま上司・リーダー・スタッフがメモによる手段のみで(会話は不可)情報を伝達するゲーム。上司は目標・ビジョンを知っているがメンバーは知らされていないため、伝達事項が的確に伝わらず混乱してしまう、ホウ・レン・ソウの難しさと大切さを体験するビジネスゲーム。

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る