令和元年度版 ハロートレーニングパンフレット
12/16

1010●企業の課題に対応企業の生産現場が抱える「生産工程の改善・改良」や「新たな製品づくり」、「新たな技術への対応」などの課題を解決するために、生産現場と同等な環境で訓練コースを体系的に実施しています。企業の人材育成計画に合わせて効果的かつ計画的に受講していただくことが可能です。また、「公開されている訓練コースでは日程の都合が合わない」、「自社の課題や目的に合った研修を実施したい」といったお悩みをお持ちの場合は、貴社のご要望等に即した訓練コースを提案することも可能です。お気軽にご相談ください。②在職者訓練(ハロトレ)企業の生産現場が抱える課題解決在職者訓練(能力開発セミナー)は、在職者の方々を対象とした仕事を遂行する上で必要な専門的知識及び技能・技術の向上を図るための短期間(2~5日間)の職業訓練です。訓練は、機械・金属、電気・電子、居住などの“ものづくり分野”を中心に、設計・開発、加工・組立、工事・施工、設備保全などの訓練コースを設定し実施しています。訓練コースは平日の昼間だけではなく、夜間や土日にも開催しています。訓練コースの内容等は、ポリテクセンターやポリテクカレッジのホームページをご確認いただくか、各施設にお問い合わせください。●取組事例のご紹介企業の課題国際競争激化による技術革新、工業製品の高性能化に伴って加工する素材の多様化解決するためには多様化している難削材(ステンレス鋼、チタン合金等)や新素材(形状記憶合金等)の加工、新製品等の生産に即応可能な技術の習得[訓練コース]  難削材の切削加工技術[訓練内容]難削材等の特性理解、適した切削工具の選択法、切削加工技術、トラブル対策 等在職者訓練を活用10

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る