障害のある方へのサービス

職業相談・職業評価

 どのような職種や勤務時間、障害の開示・非開示等の労働条件がよいかなどについて、状況をお聞きしながら客観的にアドバイスします。また、働くために必要な力を今どれだけ持っているか、得意なことや不得意なことについて、ご本人やご家族、関係機関の方からお話をお聞きするとともに、いろいろな検査を通して整理し、今後目指す働き方や働くための取り組み方について計画を立てます。


【業務説明会】
 当センターのご利用を希望される障害のある方に対して、月に2回業務説明会を開催しています。
 ※状況によっては、個別で対応させていただく場合があります。その際も、実施する内容は説明会と同様です。いずれも、まずはご連絡ください。

  日時:毎月第2、第4水曜日 午前10時から
  場所:高知障害者職業センター
  定員:各回3名程度
  内容:当センターの業務やサービスの説明、個別相談

  参加ご希望の場合は、事前に当センターへご連絡ください。
  ご家族や関係機関の方々の同席も可能です。

職業準備支援

 就職又は職場適応に必要な職業上の課題の把握とその改善を図るための支援、職業に関する知識の習得のための支援、社会生活技能等の向上を図るための支援を行います。

職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援

 就職又は職場に適応する際、病気や障害のために課題が生じる対象者の方について、安定して長く働けるよう支援するサービスです。
 ジョブコーチが就職先の事業所を訪問し、障害者及び事業主に対して、雇用の前後を通じて障害特性を踏まえた直接的、専門的な援助を行います。

リワーク支援

 精神障害のある方及び精神障害のある方を雇用しようとする又は雇用している事業主の方に対して、主治医との連携の下で雇用促進、職場復帰(※リワーク支援)、雇用継続のための支援を行います。

 精神障害のある方とは、精神保健福祉手帳や医師の診断書等により、 躁うつ病、統合失調症、その他の精神性疾患を有していることが確認できる方を指します。

  1. 生活リズムの構築のため、生活記録票などを活用しながら定期的な通所や日中活動に取り組む。
  2. 集中力・持続力などの向上のため、各自主課題や作業課題に取り組む。
  3. ストレス対処スキルやコミュニケーションスキルの向上のため、講座やグループワークを通じてスキルの習得と実践に取り組む。

その他の関連情報

広域障害者職業センターについて

 国立職業リハビリテーションセンター、国立吉備高原職業リハビリテーションセンターでは、医療リハビリテーションとの連携のもと、全国の広範な地域から精神障害者、発達障害者、高次脳機能障害者等を含む職業訓練上特別な支援を要する障害者を積極的に受け入れ、先導的な職業訓練を実施して指導技法等を他の障害者職業能力開発施設等に提供しています。

基本情報

高知障害者職業センター

所在地
〒781-5102 高知市大津甲 770-3
TEL
088-866-2111
FAX
088-866-0676
Email
kochi-ctr@jeed.go.jp
開庁日時
08:45~17:00(土日祝、年末年始休暇を除く)

地図・交通案内

高知障害者職業センター

高知障害者職業センターの地図▲クリックで大きな地図・交通案内