求職者支援訓練の実施を検討している民間教育訓練機関の方へ

民間教育訓練機関のみなさまからの職業訓練の認定申請を審査し、都道府県ごとに定められた地域職業訓練実施計画に基づき、認定基準等を満たした職業訓練を認定します。

兵庫県内の求職者支援訓練の訓練スケジュール及び訓練定員予定数

兵庫県内では、毎月において開講する求職者支援訓練の認定申請を受け付けています。毎月における認定申請受付期間及び訓練定員予定数は以下をご覧ください。

短期・短時間特例訓練のご案内

主に新型コロナウイルス感染症による雇用への影響によって、仕事のシフトが減少した方等が仕事と訓練の受講を両立して、今後のステップアップに結び付けられる支援を目的として行う訓練です。
令和4年3月31日までに開講するコースで設定することができます。

求職者支援訓練の認定申請

イ.求職者支援訓練の認定申請の留意事項

訓練計画の作成にあたっては、以下の求職者支援訓練の認定申請をご覧ください。

ロ.認定申請書様式

認定申請は、兵庫支部提出用の認定申請書様式がありますので、必ずこちらを使用して認定申請をしてください。
また、申請書様式は、基礎コース用と実践コース用の2種類があります。
認定申請様式を電子メールのみで提出することが可能となりましたが、メールの仕様上、
添付書類が多い場合受信ができませんので、年度の初め等、認定申請様式において
提出の省略がない場合は郵送または兵庫支部への来所による提出にご協力ください。

ハ.認定申請にあたっての留意点とお願い

上記イ以外にも兵庫支部からの認定申請にあたっての留意点とお願いがありますので、以下をご覧ください。

求職者支援訓練の新規認定申請(新規参入)

新規参入をお考えの民間教育訓練機関用のリーフレットです。

訓練計画策定にあたっての情報

イ.求職者支援訓練の認定基準が一部緩和されました!

令和2年7月以降に開講する訓練科から適用されます。

ロ.職業能力開発講習における授業(科目)の順番

効果の上がる職業能力開発講習の授業(科目)の 順番のポイントをまとめてみましたので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

ハ.受講募集用のリーフレット(コース案内)の作成

魅力的なリーフレットの作成のポイントをまとめてみましたので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

ニ.公的職業訓練の愛称・キャッチフレーズ等の積極的な使用

趣旨をご理解いただき、公的職業訓練の愛称・キャッチフレーズ(ハロートレーニング ~急がば学べ~)等をコース案内や新聞広告等に積極的にご使用いただきますようご協力願います。

求職者支援訓練 事業所説明会・相談会、サポート講習等

イ.求職者支援訓練 事業所説明会・相談会のご案内(令和3年度)

求職者支援訓練に係る事業所説明会を、令和3年6月・9月・12月及び令和4年3月に開催を予定しております。

説明会終了後はご希望の方に、兵庫支部、兵庫労働局による個別の相談時間を設け、求職者支援訓練に関するご相談を承ります。(任意参加)

◎令和3年9月開催のごあんない◎  ※未定

令和4年1月以降開講コースの申請は、「令和4年1月以降に開講する訓練科からの認定申請」に基づき、申請をおこなってください。


<主な改正事項(令和4年1月以降開講コースの申請)>(9月21日更新)
①定員変更(増)に係る取扱い
認定基準の範囲内(教室面積・講師人数等)で応募状況による定員増員を希望する
ことができる
※地域職業訓練実施計画に定める訓練実施規模等により増員できない場合もある
※増員の手順は以下の(1)~(5)のとおり
 (1)申請書受付時に定員増員の意向確認を当支部が行う
 (2)コース案内及び局案内に「応募状況によっては、定員を増員することがあり
    ます。」と記載
 (3)募集期間終了日の翌開庁日までに定員変更申請書(様式A-13-2)等、必要
    書類を提出
 (4)選考結果の発送日の3開庁日前までに当支部から訓練実施機関に定員変更が
    認められた旨を連絡
 (5)本部から認定通知書(様式A-21)を再送

②雇用関係各種給付金の不正受給
雇用関係各種給付金を不正受給等した場合、不支給期間の開始時期に関わらず
「全国」において求職者支援訓練の申請が認められない

③オンライン訓練
・混在型、単独型に関わらず、講師は同時かつ双方向に行われる通信の方法を用いる
 ことを条件に訓練実施施設外から指導を行うことが可能
・職場体験、企業実習を一部オンラインで実施することも可能(条件等あり)
・パソコンを受講者自らが用意する場合、ソフトウェアを受講者が負担する費用と
 することが可能
※他にも細かく規定が追記されているため詳細は「申請の留意事項」別紙15へ

④プリンタの台数(認定申請様式3号)
訓練カリキュラム上、プリンタを使用しない場合は、設置不要

⑤職業訓練の実績
技能講習を含む訓練または介護職員養成研修の職業訓練の実績は、申請する訓練の
訓練期間及び訓練時間(職業能力開発講習、企業実習を除く)の7割に満たない場合
でも特例として申請を認められるケースがある

⑥職場見学、職場体験、職業人講話
申請機関においても実施できる

ロ.求職者支援訓練サポート講習のご案内 (令和3年度)

 テーマ:「 特別な配慮が必要な方への支援について 」

 訓練実施機関の皆様がお困りになっている課題の一つに、様々な受講者への対応があります。本サポート講習では、従来の指導方法で対応できず、コミュニケーション能力や社会性スキルについて苦手とし、特に一般的な受講者と同じ方法では理解も指導も難しい、特別な配慮が必要な受講者に対して、訓練期間中の配慮を現場で実現することを目指して対応方法を紹介していきます。
 ◇本サポート講習の目標◇
  ○特別な配慮が必要な受講者には、どのような行動の特徴があるのか観察することが
   できる。
  ○行動の特徴に応じた配慮のテクニックにもとづいて、配慮を検討することができ
   る。
  ○コミュニケーションの苦手さがある受講者に対して、自分の意図を正しく伝えて
   話すことができる。

 〔主な内容〕
 1 各場面でのありがちな行動の特徴
   ・行動の特徴をみるときの注意点
   ・各場面での行動の特徴
   ・「できる」ことを見つけるのが大事
 2 本人や周囲の受講者に気づかれない配慮の紹介
   ・スモールステップとモデリング
   ・視覚支援
   ・ルール化
   ・気づきの促し
 3 コミュニケーションの苦手さがある受講者への配慮した話し方
   ・本人が理解できる表現を使う
   ・暗黙の了解部分を補足する
 4 配慮した話し方のグループワーク   

ハ.求職者支援訓練サポート講習のご案内 (全国開催予定日等一覧)

求職者支援訓練サポート講習は、当支部で実施する上記テーマを含め11テーマございます。他のテーマで受講を希望される場合は、直接該当する支部の求職者支援課へお問い合わせの上、受講の手続きを行ってください。

よくあるご質問

求職者支援訓練の実施を検討されている民間教育訓練機関の方から多くいただく質問をまとめております。 詳しくは、「よくあるご質問」をご覧ください。

認定職業訓練実施奨励金

求職者支援訓練を実施する民間教育訓練機関に対し、一定の要件を満たす場合、都道府県労働局から認定職業訓練実施奨励金が支給されます。詳しくは、兵庫労働局までお問い合わせください。

◎令和元年10月1日以降開講コースから付加奨励金(実践コースのみ)の支給申請について、見直しが行われます!

お問い合わせ先

兵庫支部 求職者支援課

【認定申請に関するお問合せ、訓練運営に関するお問合せ】
電話番号  06-6431-8727
FAX番号 06-6431-7505