ポリテクカレッジについて

専門課程から応用課程を経て生産現場のリーダーへ 専門課程からテクニシャン・エンジニアへ

応用家庭 1年次専門分野の技能・技術を深めるとともに、関連する技能・技術を習得し、それらを活用する応用力を身につける。2年次ワーキンググループ方式により、生鮮現場に密着した製品の企画開発から制作までの創造的・実践的なものづくり能力を身につける。から生産現場のリーダー 新製品の開発、生産工程の構築等に対応できる将来の生産技術・生産管理部門のリーダー。
ステップアップ 専門課程1年次ものづくりに必要な基礎的な理論と基本的な技能・技術を一体的に習得する。2年次ものづくりに必要な高度な理論と技能・技術を習得し、生産現場に必要な実践力を身につける。テクニシャン・エンジニア 生産等に対応できる技能・技術と適切な判断能力を有する将来の生産ラインのリーダー。

(注)「テクニシャン・エンジニア」とは、技術革新に対応できる高度な知識・技能を兼ね備えた者のことです。

(注)当機構では、「高齢・障害・求職者雇用支援機構 職業訓練サービスガイドライン」に基づき、PDCAサイクルによる職業訓練の改善・見直しを実施しています。

  • 専門課程入校情報
  • 学生に対する経済的支援制度
  • オープンキャンパス情報2021
  • ポリ女の部屋
  • 生活を支えるため支援のご案内~新型コロナウィルス感染症の影響により生活の維持が困難になった方へ~厚生労働省ホームページ
  • 俺、正社員へ転職します! 日本版デュアルシステム(専門課程活用型)
  • 事業主推薦制度のご案内
  • ポリテクカレッジスペシャルコンテンツ
  • 技能者育成式融資制度のご案内
  • 内閣府男女共同参画局 理工チャレンジ
  • ポリテクカレッジパンフレット
  • 資料請求・お問い合わせ先
  • 高度技能者養成訓練等に係るフォローアップ調査結果