高齢者・障害者雇用の支援

当支部(高齢・障害者業務課)では高年齢者の雇用に関する相談・援助、高年齢者の雇用に関する助成金の受付、障害者雇用納付金の申告・申請や障害者雇用に関する助成金の受付、啓発等の業務を実施しています。

障害者の職業リハビリテーション業務については埼玉障害者職業センターで実施していますので当該センターのホームページをご覧ください。

新着情報

令和3年度(2021年度)

  1. 【9月17日】「65歳超継続雇用促進コース」の新規受付停止のお知らせ《新規受付は令和3年9月24日(金)まで》
  2. 【9月7日】令和3年度障害者雇用優良事業所等表彰受賞者【埼玉支部】について
  3. 【8月24日】令和3年度 障害者職業生活相談員資格認定講習 第2回のご案内を更新しました
  4. 【8月6日】第17回アビリンピック埼玉大会2021を開催しました!
  5. 【7月15日】「障害者職業生活相談員資格認定講習受講申込書」の内容を一部改訂いたしました
  6. 【4月1日】令和3年度 障害者職業生活相談員資格認定講習受講者募集のごあんない

令和2年度(2020年度)

  1. 【12月7日】障害者雇用納付金関係助成金の制度概要(音声付き動画)を掲載しました。【機構本部ページに移動します】
  2. 【12月2日】令和3年度 申告・申請のための障害者雇用納付金制度事務説明会開催のお知らせ
  3. 【11月25日】第40回全国障害者技能競技大会(全国アビリンピック)で埼玉県代表選手が入賞!!

令和元年度(2019年度)

  1. 【3月31日】新型コロナウイルス感染症に伴う障害者雇用納付金の納付猶予について【機構本部ページに移動します】
  2. 【1月22日】 障害者を雇用する事業主に対する「特例給付金制度のご案内」について 【機構本部のページに移動します】

高年齢者雇用支援業務

助成金(高年齢者雇用)

65歳以上への定年引上げや高年齢者の雇用管理制度の整備、高年齢の有期契約労働者の無期雇用への転換を行う事業主の方々から、助成金の申請書の受付等を行っています。

「65歳超雇用推進助成金」(厚生労働省所管)

当助成金は高年齢者が意欲と能力のある限り年齢に関わりなく働くことができる生涯現役社会を実現するため、以下の3コースで構成されています。

※令和3年4月からの各コースの支給要件等の見直しが行われております。
また、申請書等様式も変更されておりますので、ご注意ください。

  • 「65歳超継続雇用促進コース」≪令和3年度の受付は9月24日で終了します≫

    65歳以上への定年の引上げ、定年の定めの廃止又は希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入のいずれかの措置を実施した事業主に対し助成するものです。

  • 「高年齢者評価制度等雇用管理改善コース」

    高年齢者の雇用管理制度を就業規則等に整備した事業主に対して助成するものです。
    (※計画書の事前認定が必要です)

  • 「高年齢者無期雇用転換コース」

    50歳以上かつ定年年齢未満のパートタイム等の有期契約労働者を無期雇用契約に転換した事業主に対して助成するものです。(※計画書の事前認定が必要です)

「65歳超継続雇用促進コース」令和3年度の受付終了について

本年4月以降に大変多くの申請をいただき、間もなく国の予算の上限額に達する見込みです。

つきましては、令和3年9月24日(金)17時をもって今年度の受付を終了させていただきます。詳細につきましては、下記のページをご参照ください。



なお、その他の2コースにつきましては、引き続き申請を受け付けておりますので、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ先
電話番号:048-813-1112
  • 窓口での申請、相談にお越しの際は必ず電話にて予約をお願いします。
  • 助成金各コースの要件や申請方法を詳しく説明した冊子「支給申請の手引き」を用意しておりますので、お気軽にご連絡ください。
    なお、当助成金は労働局・ハローワークでは取り扱っておりません。

高年齢者雇用に関する相談・援助

事業主の方々に対し、65歳以上への定年引上げや定年制の廃止、65歳を超えた継続雇用延長等に向けた取組や高齢者の雇用管理の改善、多様な就業機会の確保のために、専門的知識を有する65歳超雇用推進プランナー、高年齢者雇用アドバイザーが企業診断システム等の活用や企画立案サービスの提供などにより、各企業の実情に応じた専門的かつ技術的な相談・援助を行っています。

高年齢者雇用に関する相談写真(イメージ)
  

高年齢者雇用に関する啓発活動

各地域で高年齢者雇用に先進的に取り組んでいる企業の実態や取組内容といった実践的な情報の紹介、高年齢者雇用に係る講演などを行う「地域ワークショップ」を開催し、生涯現役社会の実現について、皆さまとともに考えます。

経営者・人事労務担当者向け「高年齢者雇用管理セミナー2021」のご案内

このセミナーでは、企業の人事労務管理に精通した専門家が、判例をふまえた同一労働同一賃金のポイントや賃金制度の導入事例をわかりやすく説明するほか、高齢者雇用に先進的に取り組む企業による事例発表を行います。皆さまのご参加をお待ちしております。

セミナー内容(抜粋)
  • 専門家による基調講演
    「改正高齢法への対応と高年齢者雇用の労務管理のポイント」
  • 高齢者雇用に先進的に取り組む企業の事例発表
    「高齢従業員の有効活用
    全ての従業員が働きやすい制度・環境づくりを目指して」
申し込み受付終了のお知らせ
こちらのセミナーは定員に達したため、お申し込みの受付を終了させていただきます。たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。

開催日時:令和3年10月15日(金) 13時00分~15時30分
開催場所:埼玉教育会館 201・202会議室 (JR浦和駅西口 徒歩10分)

障害者雇用支援業務

助成金(障害者雇用)

障害者雇用納付金制度に基づく助成金は、事業主等が障害者の雇用にあたって、施設・設備の整備等や適切な雇用管理を図るための特別な措置を行わなければ、障害者の新規雇入れや雇用の継続が困難であると認められる場合に、これらの事業主等に対して予算の範囲内で助成金を支給することにより、その一時的な経済的負担を軽減し、障害者の雇用の促進や雇用の継続を図ることを目的とするものです。

当支部(高齢・障害者業務課)では、事業主の方々からの各種申請書の受付等を行っています。

 

障害者雇用納付金制度

障害者雇用納付金の申告が必要な事業主の方々からの申告書の受付等を行っています。また、障害者雇用調整金・報奨金等の支給を受けようとする事業主の方々からの申請書の受付等を行っています。

令和3年度 申告・申請のための障害者雇用納付金制度事務説明会開催のお知らせ

納付金等の申告・申請手続きを適正、円滑に行っていただくための「障害者雇用納付金制度事務説明会」を開催します。参加ご希望の方は、下記開催日程をご確認のうえ、事前に「参加申込書」にてお申し込みください。

なお、今般の緊急事態宣言発令を受け、2月1日、2日、3日、4日及び5日の説明会は中止とさせていただきます。追加として、納付金申告・申請を初めて担当される方のための説明会を3月10日に川越にて開催します。詳細は下記開催日程をご覧ください。

(令和3年1月14日更新)


納付金・調整金関係

報奨金関係
  

障害者職業生活相談員資格認定講習

障害者職業生活相談員として選任が予定される方等に、障害者の職業生活全般にわたる相談・指導についての技術的事項を習得していただき、障害者の職業能力の開発と職場適応の向上を図るとともに、その特性に応じた雇用管理を期するため、「障害者職業生活相談員資格認定講習」を実施しています。

令和3年度 障害者職業生活相談員資格認定講習のご案内


「障害者職業生活相談員資格認定講習受講申込書」の内容を一部改訂のうえ、変更いたしました。具体的な改訂箇所につきましては「受講申込書の変更内容(PDF / 420 KB)」をご覧ください。

また、すでに旧様式をご使用のうえ申込書を作成された事業主様におかれましては、そのまま旧様式にてお申し込みいただいて差し支えございません。

(令和3年7月15日追記)

(令和3年8月24日更新)

  

障害者雇用優良事業所表彰等

事業主のみならず広く障害者雇用の理解と認識を深めることができるよう、障害者雇用優良事業所の表彰を行っています。

令和3年度障害者雇用優良事業所等表彰受賞者(埼玉支部)について

令和3年度における「障害者雇用優良事業所表彰」および障害者雇用支援月間の啓発活動の一環として行う「障害者雇用支援月間における絵画・写真コンテスト」の受賞者様が決定いたしました。

つきましては、埼玉県における各賞の受賞者様を下記のとおり発表いたします。

「埼玉県障害者ワークフェア2021」のご案内

「埼玉県障害者ワークフェア」は、埼玉県にお住まいの方々に障害者の雇用に関する理解を深めていただくためのイベントです。

2009年度から前回2020年度まで「高齢者・障害者ワークフェア」として、事業主や県民の皆様に高齢者と障害者の雇用についての理解を深めていただくイベントとして、毎年開催してまいりました。今回からは障害者雇用にフォーカスして開催いたします。

特設ページでは、障害者の雇用に関係の深い、障害者団体、障害者施設、特例子会社、特別支援学校、雇用支援機関の活動内容のほか、パラリンピック東京2020大会での本県ゆかりの選手の活躍ぶり、福島県応援キャンペーンのコーナーの紹介を行っています。

皆様にご覧いただき、障害者の雇用に関する理解をさらに深めていただければ幸いです。

なお、今回も新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、昨年度に引き続き、Webページ上での開催としております。


「埼玉県障害者ワークフェア2021」特設サイトリンク

埼玉県障害者ワークフェア2021サイト

(新しいウィンドウでページを開きます。)

  

地方アビリンピック

障害のある方々が日ごろ培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々が障害者雇用に対する理解と認識を深め、その雇用の促進を図ることを目的として地方アビリンピック(技能競技大会)を開催しています。
なお、地方アビリンピックにおける成績優秀者等は、全国障害者技能競技大会への参加選手として、都道府県知事より推薦される場合があります。

地方アビリンピックの競技大会写真

アビリンピック埼玉大会(埼玉県障害者技能競技大会)のご案内

実践的なマニュアル・好事例集の提供

事業主や事業主団体の方々に対し、障害者の雇入れに当たっての工夫・改善策や 障害者が能力を発揮して活躍するための手法を取りまとめた実践的なマニュアル・好事例集の提供・説明等を行っています。

所在地等

高齢・障害者業務課

所在地
〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山2-18-8 ポリテクセンター埼玉 本館4階
電話
048-813-1112
FAX
048-813-1114
開庁日時
8:45~17:00(土日祝、年末年始休暇を除く)

地図・交通案内