認定事例:障害者福祉施設設置等助成金

身体障害(肢体不自由、体幹機能)

措置の内容  認定理由 
食堂入口の扉改修
階段手すりの設置
四肢まひのある対象障害者のために、従業員用食堂入口扉を、開き戸から引き戸に改修するとともに、従業員用食堂につながる階段に手すりを設置することは、対象障害者の福祉の増進を図る上で障害者の障害特性に配慮した措置と認められるため。

身体障害(肢体不自由/車いす)

措置の内容 認定理由
休憩室の改修 車いす使用者のために、和室の休憩室の入口の段差を解消するためのスロープを設置するとともに、当該室内の一部の畳をタイルカーペットに模様替えすることは、対象障害者の福祉の増進を図る上で障害者の障害特性に配慮した措置と認められるため。
休憩室の新築
休憩室用テーブルの設置
車いす使用者のために、バリアフリーの休憩室を対象障害者の就労場所に隣接した場所に設置するとともに、車いす使用者に適したテーブルを設置することは、対象障害者の福祉の増進を図る上で障害者の障害特性に配慮した措置と認められるため。
ただし、対象障害者が利用する部分以外については認定対象外とした。

身体障害(肢体不自由)

措置の内容 認定理由
階段手すりの追加設置 片足にまひのある義足の障害者のために、従業員食堂までの往復の移動を安心して行えるよう、階段手すりの未設置側に手すりを設置することは、対象障害者の福祉の増進を図る上で障害者の障害特性に配慮した措置と認められるため。

精神障害(てんかん)

措置の内容 認定理由
休憩室の設置 てんかんのある対象障害者のために、てんかん症状発症後の休憩及びてんかん症状の未然防止のための休憩をとるための休憩室を執務室内に整備することは、対象障害者の福祉の増進を図る上で障害者の障害特性に配慮した措置と認められるため。

事業主の状況はすべて異なるものであり、同じような申請内容であっても、これらの事例と同じ結果となるわけではありません。