砂利採取業 高齢者雇用推進ガイドライン(平成30年)

『多世代共働による職場づくり~砂利採取業 高齢者の活躍に向けたガイドブック~』

取組団体 一般社団法人日本砂利協会(法人番号1010005004093)

目次

砂利採取業における高齢者の活躍に向けた考え方

砂利採取業における高齢者の活躍に向けた5つのポイント

  1. 【ポイント1】人手不足の解消に向けて中高年者のさらなる活躍方法を見出す
  2. 【ポイント2】 次世代の育成を図り「少数精鋭」を進めるために高齢者の保有する「現場力」を継承する
  3. 【ポイント3】 職場の一体感を生み出すために世代を超えたコミュニケーションを円滑にする
  4. 【ポイント4】長期にわたって働くことを前提とした雇用管理制度を整備する
  5. 【ポイント5】安心・安全に働くために安全対策の徹底と健康管理面の配慮を行う

参考資料

  1. わが国の少子高齢化の現状と将来
  2. 厚生年金の支給開始年齢の引き上げ
  3. 高年齢者雇用安定法(抜粋)
  4. 改正高年齢者雇用安定法の概要
  5. 継続雇用の高齢者に関する無期転換ルールの特例について
  6. 定年後引き続き雇用される有期雇用契約社員 雇用契約書(例)
  7. 「在職老齢年金」と「高年齢雇用継続給付」の仕組み
  8. 高齢・障害・求職者雇用支援機構による各種支援
  9. 高齢者雇用に関する各種助成金一覧(2018年現在)
  10. 関係機関のホームページ一覧

平成16年策定版