視覚障害のある労働者が安全に移動するための進行方向を示すライトの設置

株式会社ニッセイ・ニュークリエーション

労働災害防止・視覚障害

改善前の状況

視力の制約により片側の視力だけで物を見ている社員は、遠近感が分からず、社内を歩いて移動する際に不安があった。

改善策

進行方向や通路が交わる箇所が分かるようにライトを設置した。また、まぶしさを低減しつつも明るさを確保できるような照明器具を選定した。

天井のライティング

通路が交わる箇所はライトを十字に配置

改善後の効果

進行方向や遠近感が分かりやすくなり、安全に通行できるようになった。

社員の声

芝 巨樹さん

「通路が交わるところなど、遠近感が分かりやすくなり、より安心して安全に通行できるようになりました。館内の明るさが均一で、まぶしさも抑えられているため、目に優しく、勤務時間中に違和感を感じることがなくなりました。」