1.障害者雇用の基礎理解 (1)障害者雇用のステップ

Q 障害者雇用は、どのように進めたらよいですか?

A 障害者雇用を進めるためには、企業の状況に合わせて、以下のようなステップを踏んでいくとよいでしょう。

1.障害者雇用の基礎理解障害者雇用について理解し、企業における障害者雇用を検討する・障害者雇用の制度、障害特性と配慮事項、障害者就労支援機関などについて知る・経営者として障害者雇用に取り組む姿勢をもち、社内研修などを行いつつ、障害者雇用を進めていくための社内の機運を高める2.採用計画の検討・採用の準備 障害者雇用の目的と自社の状況を踏まえた計画・準備を行う・企業の障害者雇用状況を確認しつつ、障害者の採用計画(職務内容、採用人数、採用時期、労働条件等)を立てる・社内支援体制を整備する3.募集活動・採用後の支援のための準備 募集活動を行い、面接・採用の決定を経て、採用後の支援の準備を行う・募集活動を行う・採用面接を行い、採用を決定する・職場定着のための支援の準備を行う 職場定着のための取組 障害者に対する職場定着のための支援を行う・職場定着のための基本的な方法など理解し実践する・人材育成の視点を踏まえた支援を行う

ステップを踏んでいくにあたり、ハローワークや地域障害者職業センターなどの支援機関と連携することが効果的です。