ゴルフ場業 高齢者雇用推進ガイドライン(令和元年)

『ゴルフ場業 高齢者活躍に向けたガイドライン ヘルスケア産業としての健康な高齢者雇用を目指して』

取組団体 一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会(法人番号7010005006101)

目次

  1. はじめに
  2. 本書の構成
  3. 本書の使い方

1 ゴルフ場業における高齢者の活躍に向けた考え方

  1. 1.ゴルフ場業における「人材」とは何事にも代えがたい財産
  2. 2.ゴルフ場業において高齢者の活躍を検討するための3つの視点
  3. 3.ゴルフ場業における高齢者の活躍を検討するためのポイント

2 ゴルフ場業における高齢者の活躍方策

1.ゴルフ場全体としての高齢者雇用の推進に向けた取り組み
  1. (1)採用活動(できることはまだあるはず!高齢者の新規雇用も視野に入れましょう)
  2. (2)各種制度の見直しにあたっては非正社員も視野に入れましょう
  3. (3)「個別管理」の考え方に基づき、きめの細かい労務管理を行いましょう
  4. (4)世代や職場を超えてコミュニケーションを深めましょう
  5. (5)ゴルフ場だからこそ「健康経営」に積極的に取り組みましょう
  6. 【コラム】これからは「健康経営」しか生き残れない
2.コース管理業務における高齢者雇用の推進に向けた取り組み
  1. (1)社員一人ひとりの経験や技術・技能にふさわしい仕事を割り振りましょう
  2. (2)技能継承を進め、キーパーの世代交代を円滑に行いましょう
  3. (3)野外作業が中心なので安全面の配慮も欠かせません
  4. (4)高齢に至る前からの健康管理が重要です
3.キャディ業務における高齢者雇用の推進に向けた取り組み
  1. (1)長く働いてもらうためには日頃からの健康・体力面への配慮が重要です
  2. (2)必要に応じて仕事の負荷を軽減しましょう
  3. (3)円滑なコミュニケーションを促しましょう
  4. (4)頑張りに報いる賃金・処遇制度としましょう
  5. (5)他業界経験者の視点を活かしましょう
4.レストラン業務における高齢者雇用の推進に向けた取り組み
  1. (1)コミュニケーションを密にしおたがいさまの精神で働くよう促しましょう
  2. (2)ゴルフ場のレストランで働くという意義を見出しましょう
  3. (3)“レストランを主役としたゴルフ場”といった発想も
5.事務・営業職種における高齢者雇用の推進に向けた取り組み
  1. (1)キャリアアップやスキルアップを支援しましょう
  2. (2)短日・短時間勤務を拡充しましょう

3 ゴルフ場業における高齢者雇用の現状-ゴルフ場業における高齢者雇用に関する調査結果の概要-

  1. 1.ゴルフ場調査結果
  2. 2.従業員調査結果

参考資料

  1. 1.わが国の少子高齢化の現状と将来
  2. 2.高齢者雇用に係る今後の政府方針 (2019年5月現在)
  3. 3.厚生年金の支給開始年齢の引き上げスケジュール
  4. 4.2013年度に施行された改正高年齢者雇用安定法の概要
  5. 5.継続雇用の高齢者に関する無期転換ルールの特例について
  6. 6.定年後引き続き雇用される有期雇用契約社員 雇用契約書(例)
  7. 7.「在職老齢年金」と「高年齢雇用継続給付」の仕組み
  8. 8.高齢・障害・求職者雇用支援機構による各種支援
  9. 9.高齢者雇用に関する各種助成金一覧 (2019年現在)
  10. 10.関係機関のホームページ一覧