様々な障害者が様々な分野で働いています

障害者雇用の経験のない企業にとって、障害者が働いている姿をイメージすることは難しいかもしれませんが、肢体不自由で車いすを利用している人、視覚に障害があり白杖を使い歩いている人、聴覚に障害があり手話で会話している人、腎臓機能の不全で定期的に透析を受けている人など、様々な障害のある人が様々な企業で活躍しています。最近では知的障害者や精神障害者、発達障害者の就職者数も増えてきています。
従事している仕事はシステムエンジニアなどの専門職、事務、販売、製造など多岐にわたり、企業の中にあるほとんどの職種で雇用されています。

肢体不自由者の事例(事務職)

内部障害者の事例(工場技術職)

視覚障害者の事例(ヘルスキーパー)

聴覚障害者の事例(工場技術職)

知的障害者の事例(看護補助)

精神障害者の事例(看護補助)