1.障害者雇用の基礎理解 (4)障害者雇用事例等の収集

Q 障害者雇用のイメージを高めるため、実際の障害者雇用事例などを知りたいのですが、どうすればよいですか?

A 障害者を雇用している企業の見学などで、実際に障害者が働く姿を見てみるとよいでしょう。また、当機構のホームページなどから事例などの情報を得ることができます。

障害者雇用事業所や障害者施設の見学、各種セミナー等への参加

  • 障害者を雇用している企業や障害者の就労支援施設、特別支援学校などを見学し、実際に障害者が働いている姿を見たり、企業の担当者または可能であれば働いている障害者との意見交換を行ったりすることで、障害者雇用のイメージを持つことができます。
  • 企業を対象とした障害者雇用に関する各種セミナー等が行われており、その中で様々な事例を紹介しています。いずれもハローワークや地域障害者職業センターなどの支援機関と相談し、情報を収集してください。

障害者雇用事例リファレンスサービス

サイトのトップページ画面

障害者雇用について創意工夫を行い積極的に取り組んでいる企業の事例(モデル事例)や合理的配慮の提供に関する事例をホームページで紹介しています。
業種別や障害種類別、事業所規模別などで事例を検索することができます。

障害者雇用に関する動画(DVD)・事例集・マニュアル等の資料

障害者雇用事業所の取組を紹介した動画や障害者雇用職場改善好事例、その他各種マニュアル等を当機構ホームページで紹介しています。ホームページからダウンロードもできます。(PDFファイル・TEXTファイル)

1.動画・DVD

DVDのジャケット画像

動画については、DVDとして貸出しを行っています。

2.障害者雇用職場改善好事例集

障害者雇用職場改善好事例集の表紙画像

テーマに応じた職場改善好事例集があります。

3.障害者雇用マニュアルコミック版

マニュアルの表紙画像

障害別のマニュアルがあります。(視覚障害、聴覚障害、知的障害、精神障害、発達障害、高次脳機能障害)

障害者雇用事例リファレンスサービス、動画(DVD)、事例集、マニュアル等の資料のお問い合わせ先
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 障害者職業総合センター内 雇用開発推進部雇用開発課

障害者雇用事例リファレンスサービス、事例集、マニュアル等の資料
電話番号:043-297-9513
FAX番号:043-297-9547

DVDの貸出し
電話番号:043-297-9514
FAX番号:043-297-9547

<参考> 障害者雇用管理サポーターを活用してみましょう

障害者雇用に関するお困りごとはありませんか?専門家が事業主の皆さまを支援します!

労務管理、医療、建築など様々な分野の専門家として登録している「障害者雇用管理サポーター」が、事業主の皆様へ支援を行っています。

  • 通院等への配慮も含めた、雇用継続や健康管理について相談したい
  • はじめて雇用するが、ほかの企業がどのような取り組みをしているか見学してみたい
  • 事業所内の設備改善について相談したい

など、障害者雇用に関する疑問についてサポーターに相談してみませんか?
「障害者雇用支援人材ネットワークシステム」では、サポーターの活用事例や活用のヒントをご覧いただけるほか、資格・免許、専門分野などの条件を指定して、サポーターを検索することができます。

障害者雇用支援人材ネットワークシステムの画面画像

下記の相談窓口で他の支援をご提案できる場合もございます。サポーターの活用についてのほか、障害者の雇用に関するご相談に応じていますので、お気軽にお問い合わせください(ご相談は無料です)。

中央障害者雇用情報センター

民間企業での障害者雇用の経験が豊富なコーディネーターがサポーターの紹介や調整を行うほか、雇用管理や合理的配慮の提供等のご相談にも応じています。

地域障害者職業センター(47都道府県)

各事業主のご要望や課題に応じて、新規の雇入れから採用後の定着、職場復帰に至るまで、様々な雇用管理に関するご相談に対応しています。